【無料】普段忙しい人にもおススメなSNSを使ったアフィリエイト手法をLINEにて期間限定で配信中!お友だち追加はこちらから!!

生物はそもそも「〇〇」するために生まれてきた!それは人間も例外じゃない。

生物はそもそも「〇〇」するために生まれてきた!それは人間も例外じゃない。

こんにちは!hiroakiです。

 

何じゃこのタイトル?と思われた方もいると思いますが、

 

仕事や学習に熱心に取り組まれている時に突然、

 

「自分、何でこんな事しているんだろ。。。」

 

こんな思いが浮かんだ方もいるのではないでしょうか?

 

そもそもこの取り組みに意味はあるのか?という本質を突く疑問です。

 

「意味なんて別にないんじゃないか?」「自分がやらなくても別に良いんじゃないか?」こんな感じで考えていくと何だかモチベーションが下がりますよね。。。

 

この疑問に答えはあるのか?

 

あります。

 

その答えを知れば、自分の取り組みに意味がある事が心の底から理解できるでしょう。

「生物が生まれた意味」

生物はそもそも何のために生まれてくるのか?

 

すべての生物には、生まれ落ちたその日から「お役目」があるのです。

 

それは、

「奉仕・貢献」

 

そして、

「成長・進化」

 

この2つです。

 

この2つを行うために、生物は生まれてきます。

 

そして人間もまた生物。決して例外ではありません。

「奉仕・貢献」

「奉仕」の意味は、「報酬を求めず、相手の為に行動すること」。

 

「貢献」の意味は、「何かのために力をつくして寄与すること」。

 

つまり、両方の意味を合わせて「相手の為を想って見返りを求めず、自分から何かしてあげる事」だと思ってください。

 

動物でも我が子を育てるために、自ら危険を犯してエサを取ってきて子供に与えたり、巣を作って外敵から守ってあげたりといった無償の愛を子に提供します。

 

これは人間も同じで、例えば後輩に仕事を教えてあげたり、周りの人と協力したりするなど、こちらから相手に何かしてあげることによって人間関係が作られ、社会が成り立っています。

 

こちらからそうする事にイチイチ「金よこせ」なんて言わないですよね?

 

つまり「奉仕・貢献」がベースとなってその生物のコミュニティを形作っているのです。

 

また奉仕・貢献できるほど生物は喜びを得ます。

 

他の人の役に立てて喜ばない人っていませんよね?仮に表には出さなくても誰もが内心嬉しいはずです。

 

僕たちのDNAには「奉仕・貢献」するお役目が刻まれているからです。

「成長・進化」

成長の意味は、「赤ちゃん⇒子供⇒大人」や「幼虫⇒さなぎ⇒成虫」といったように、その種族が成熟していく事。

 

進化の意味は、「そのものがより優れたものへ発展する事」。

 

アフリカでは、牙を持つゾウが高く売れるという事で、密猟者に狙われ死んでしまうようになり、牙が短いゾウが子を作っていった結果どんどんゾウから牙が無くなっていっています。

 

フィンランドのモリフクロウは温暖化のせいで、より多く生き残った個体が繁殖した結果、体の色が変わっていっています。

 

我々人間も生物であり、進化するために生まれた存在です。

 

人間の進化の大きな流れは、猿人(アウストラロピテクス)→原人(ホモエレクトス)→旧人(ホモネアンデルターレンシスなど)→新人(ホモサピエンス)だと言われています。

 

今現在、私たち人間は、言葉を話し、直立二足歩行ができますが、これもあくまで進化の途中と言い換えられる。

 

何故ならこれからも進化は続くからです。

 

我々を取り巻く環境は徐々に変化しており、我々人間もその環境に適応するために変化を求められるのです。

 

この「環境」という単語を聞いて、「大自然」のような広大な視点をイメージしますが、それだけではありません。

 

「環境」の中には「自分が勤めている会社」「学校の友人関係」といったものも含まれており、それらの変化に適応するためにも自分が変わっていく必要があるのです。

 

分かりやすく言うと、人は常に変化を求められている」のです!

まとめ

ここまで読んで頂いていかがでしたか?

 

1.「奉仕・貢献」してコミュニティを形作る。

 

2.「成長・進化」によって環境の変化に適応する。

 

これが僕たち生物にとって本質的に求められているものです。

 

仕事などに取り組んでいてふと「こんな事していて意味あるの?」という疑問を抱いた時、「この1. 2. が出来ているか??」に問題をすり替えてみてください。

 

本当の意味で、自分がしている事に「やりがい」や「すべき課題」が見つかるはずです。