【無料】普段忙しい人にもおススメなSNSを使ったアフィリエイト手法をLINEにて期間限定で配信中!お友だち追加はこちらから!!

日本に生まれて良かった!幸福に生きる術はすでに用意されている!

日本に生まれて良かった!幸福に生きる術はすでに用意されている!

こんにちは!hiroakiです。

 

いきなりですが、日本に生まれたアナタ、めちゃめちゃ運が良いです!!

 

治安が良く、内戦も無く、食べ物も美味しい!

 

日本に生まれた人=強運の持ち主と言っても過言ではありません。

 

でも自分が恵まれた立場にいることって中々自覚できないものですよね。

 

例えば落ち込んでいる人がいたとしましょう。もしその人が日本在住なのであればハッキリ言って大丈夫。明るい人生を開く術はすでに用意されています!

 

まずは環境認識から

自分が生きている、置かれている世界について見てみます。

 

世界の人口は約70億人。

 

その中で「今日は何食べる~?」なんて日常で言えるのは、先進国の人と中進国の富裕層などの14億人程度であることをご存じですか?

 

世界で5人に1人です。もちろん日本もこの1人に入っています。

 

残りの人たちは、「今日の夕食」が食べられる保証はありません。

 

この事実だけで日本は世界で上位20%に入っています。自分たちはホントに恵まれているんです。

 

下位80%の人たちは、何よりもまず「今日の食べ物何とかしなきゃ!!!」という事に多大な時間を割かなければならないのが現実なんです。

 

世界幸福度ランキング…日本は??

出典:国際連合・持続可能開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)「世界幸福度報告書2019」

世界156カ国の内、日本は58位。

 

ちなみにこのランキングは2019年に過去最低の順位を記録した時のものです。調べてみると最高位でも43位(2013年)でした。

 

世界で上位20%の恵まれた国なのに、なんでこんなに「幸福度」が低いのか?

 

それは間違いなく日本の「働き方」に問題があります。

 

今までの日本企業に定着してきた、上役の命令には忠実に従い、何よりも長時間働くことこそが素晴らしいとされてきた従来の働き方が、「幸福度」を押し下げている理由の大半を占めていると言えるでしょう。

 

正直、この働き方では達成感を得たり、自尊心が高まったりしにくく、人生に充実を感じにくいです。

 

「過労死」なんていう状況に陥るのもほとんど日本だけという話ですし。。。

 

現代に生きる僕らにもたらされた「ツール」

普通に会社に勤めているだけの人生だと、かつての日本企業の風土で幸福感を得にくいという事でしたね。

 

そんな現代日本に生まれた自分たちに、幸運にももたらされたツールが「インターネット」

 

いまやこのインターネットを駆使してお金を稼ぐ人達が急増しました。

 

現在、目を引くのは「ユーチューバー」ですよね。YouTubeに動画を投稿し、それが1,000万回再生されているある方は、月収で軽く50万円以上をゆうに稼ぎ、それを職業にしています。

 

また、SNSのTwitterにツイートを投稿し、それがリツイート(拡散)されるだけでお金を稼ぐ仕組みを作っている人もいます。

 

これらもすべてインターネットというツールを利用したものです。

 

「チャレンジする権利」はすでに得ている

このインターネットというツールを使うためには当然、学歴も、年齢も、性別も関係ありません。

 

パソコンを購入し、回線業者にインターネット回線を引いてもらい、インターネット接続するためにプロバイダと契約すれば良いだけ。

 

たったこれだけで、誰でも自分が望むインターネットビジネスを始めることができます。

 

これが日本ではなく例えばシリアとかに生まれていたらどうでしょうか?

 

紛争が絶えず、毎日を生きるだけでも必死で、とてもビジネスどころの話ではありません。

 

自分たちは日本に生まれたというだけで「好きなインターネットビジネスにチャレンジする権利」を得ているのです。

 

充実した人生を手に入れよう

個人で行うインターネットビジネスは、当然ですが働き方の概念の影響を受けません。

 

小うるさい上司の指示に従い続けたり、長時間労働で時間の縛りがずっと続くこともありません。

 

しかも自分の努力がそのまま成果となって帰ってくるので、やりがいは会社員の比ではない。

 

成果が出る仕組みを確立してしまえば、時間的余裕も生まれて精神的にも肉体的にも楽になります。

 

幸福感が薄いと感じる日本人が、どんどんインターネットビジネスに参入している今の流れも自然だと思えます。

 

自分次第で幸福な人生を歩める世の中になったのですから!

 

まとめ

ここまで書いてきましたが、決して会社員を貶しているわけではありません。

 

ただ、自分たちの生き方に「選択肢」が生まれたことを伝えたかったのです。

 

もし今の現状に不満があるのなら、今一度日本が恵まれた国であることを理解し、そこに生まれた事に感謝できるか。そしてそれを下地に行動できるか。

 

すべては「自分次第」です!