【無料】普段忙しい人にもおススメなSNSを使ったアフィリエイト手法をLINEにて期間限定で配信中!お友だち追加はこちらから!!

日本人はお金の勉強不足。「お金の稼ぎ方」をよく知らない!

日本人はお金の勉強不足。「お金の稼ぎ方」をよく知らない!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

 

今回はタイトルの通りです。

 

「お金の使い方」は親や周囲にいる人から聞けたりしますが、

 

「お金の稼ぎ方」について教えてくれる人や場所ってほとんどありませんよね?

 

今は企業が副業を解禁したこともあり、「稼ぎ方」を模索している人も多いと思うんですが、お金が稼げる原理」を知らなければ効率的にお金を稼いでいくことは出来ません。

 

「お金が稼げる原理」とは。。。?? 読んでいくとそこには衝撃の事実が書いてあります。

お金=対価

人からもらえたそのお金。一体何の対価ですか?

 

この問いの答えが分かれば、「稼ぎ方の片鱗」が分かります。

 

対価にはいくつもの種類があるので下に挙げていきますね。

 

1.労働の対価

⇒額に汗して働き、体力・エネルギーを消費しただけの対価を得る。

 

2.時間の対価

⇒自分の時間を切り売りして、それに見合った対価を得る。

 

3.約束を守った事への対価

⇒決められた納期までに納品してくれたこと等への対価。

 

4.品質基準を満たした事への対価

⇒期待に見合う品質を維持してくれた事等への対価。

 

5.相手の気持ち

⇒相手の感謝する気持ち、奉仕・貢献してくれた事への対価

 

ざっくり分けて対価の種類は5つ。

 

これらの対価の大きさが「お金」という形になって貰えるわけです。

 

また、どのような対価の要素が大きくてこれだけのお金が貰えているのか?対価の割合ベースを考えてみることも大切です。

 

稼ぎ方の限界

上の5つの対価からお金が得られるわけですが、この中でも限界があるものがあります。

 

それは、1.労働の対価 と 2.時間の対価です。

 

人が働ける量や割ける時間には限界があるからです。それは仕事の成果、生産量にも限界があるという事を意味します。

 

しかし、確実性が高いのもこの1. と2. です。

 

何せやった分だけそれに見合った対価(=お金)がほぼ確実に手に入る。いわゆるお勤めの方はほぼすべてこれに該当しますよね。

 

一方、3. 4. 5. はどうでしょうか?

 

考えてもらえれば分かりますが、これらの対価には上限がありません。

 

この3つの対価を得るために、こちらから提供する事には特に制限なんてありませんよね?

 

3. 4. 5.を突き詰めれば一日で稼げる金額、ひいては月収・年収にも上限がなくなるという事です。

 

つまり1. 2. の割合を減らし、3. 4. 5. の割合を高められる仕事であれば、収入は上がるんです。

 

この事実はけっこう衝撃ではないでしょうか?

これからはどれだけ価値提供できるかがカギ

これまでは企業勤め、ひいては大企業に勤めていれば安泰などと言われてきました。

 

年金、退職金がしっかりもらえて老後も不自由することなく暮らしていけました。

 

しかし、世の中の情勢は徐々に変わっていき、ついには「終身雇用」という言葉がなりを潜めてしまいました。

 

「自分の老後は自分で何とかしろ!」

 

この風潮が当たり前となりました。

 

であれば、この先は「個人」の力で仕事を得て、お金を稼いでいくスタイルが主流になるでしょう。

 

そのためには、相手に対して「価値」を提供できなければ、「対価(=お金)」を得ることは難しいと考えています。

 

相手に価値を感じてもらえることで、上の3. 4. 5. の対価が生まれるわけですからね。

まとめ

学校でお金の稼ぎ方の勉強をせず、社会に出て就職し収入を得るようになると、生活できるくらいにはお金が得られる仕組みになっています。

 

なので多くの人が「お金の稼ぎ方」の勉強をしないのも納得です。

 

現状、収入を得て生活できているのだから、そんなところに興味を持つはずもありません。

 

しかし、これからは「個人」で稼ぐ時代。

 

それぞれが「お金の稼ぎ方」を知らなければ生きていけない世の中になると感じています。

 

今だからこそ「お金」について学んでみるのが良いでしょう。