【無料】普段忙しい人にもおススメなSNSを使ったアフィリエイト手法をLINEにて期間限定で配信中!お友だち追加はこちらから!!

終身雇用崩壊…これから変わっていく「働き方」とは?

終身雇用崩壊…これから変わっていく「働き方」とは?

こんにちは!hiroakiです。

 

皆さんはこれから人の働き方が変わっていくのをご存じでしょうか?

 

あえて日本人に限定して話しますが、これまで日本人はほとんどの人が会社など組織に属す「労働者」として仕事をしていました。

 

会社から安定したお給料をもらいながら定年まで働き、定年退職後は年金と退職金をもらいつつ余裕のある老後を過ごす。。。

 

今まではこの状態が大企業ほど保証されていたので、子供の時から学校での勉強をマジメに頑張り、

 

・優良な大学に入学し

優良な企業に勤めること

 

この状態を目指す人が多くいました。

 

出来る限り「こうあるべき」という、上の2つの生き方がある種、美徳とされていました。

 

しかし、これからの時代はこの生き方が通用するのでしょうか。。。?

 

本記事にまとめてみました。

 

1.問題点

 

まず全体像の把握から。日本は今どんな状況に置かれているかというと。。。

 

・少子化

・高齢化

・総人口減少

・企業が終身雇用を保証できない

・少子高齢化により年金制度が崩壊

 

ざっと挙げただけでもこれだけの深刻な問題点があります。

 

そして上に挙げたものを引き起こしている原因である、共通しているキーワードは「人口減少」であることが分かります。

 

当然働き手も減少していることを示唆しています。以下の図をご覧ください。

すでに労働人口は頭打ちして将来的にも右肩下がりである統計がすでに示されているんです!

 

2.ラットレース

 

ラットレースとは「働いても働いてもお金が増えない状態」のことです。

 

回し車の中で走り続ける状態を模してこう言われているんですね。

 

国家レベルで労働人口が減っていくのであれば、人手不足で会社の生産性が上がらなくなるのは明白です。

 

しかも人口減少で、自社の商品を提供・販売するお客さんの数も減るという二重にマイナスの状態となります。

 

人手不足が行き過ぎれば会社は運営できず倒産するところも次々出てくることでしょう。

 

こんな状態で給料が将来的に増えていく望みがあるのでしょうか?

 

少なくとも僕にはそう思えません。

 

つまり「将来的にラットレースとなる状況が待ち受けている」という事を言いたいのです。

 

3.労働力の置き換えが進む

会社にとって労働力、従業員とは「利益を生むための存在」です。

 

つまり会社に属する会社員は会社に貢献する存在でなければなりません。

 

この「会社に貢献」という部分で、もし同じだけ働いてくれてお給料がより少なくても良い人が現れたとしたならばどうなるでしょうか?

 

はい。「あなたは用済み」となります。(非常に残酷ですが事実です。。。)

 

今、日本では外国人労働者の受け入れが進んでいます。

 

日本人よりも低賃金で雇用できる、減少する日本人労働者の穴埋めなど理由は様々あります。

 

さらに労働環境の「自動化」も目指しており、それにちなんだ「作業用ロボット」を導入する取り組みも徐々に進んでいます。

 

このような労働環境を自動化する設備は初期投資が大きくても、維持費となるランニングコストは人間に比べると安く済むため次々に置き換えが進んでいくでしょう。

 

今、スーパーやドラッグストアなどの店舗でセルフレジの導入が全国で行われていますが、まさに「自動化」を目指す企業の取り組みの一つですね。

 

また工場などの単純労働はほとんど全て作業用ロボットに自動で行わせることができるようになれば、そのような場で働いていた人はお役御免になります。

 

企業の置かれている現状、コストカット、効率化などから考えても、人の働く場所が減っていくのは必至です。

 

4.これからは「個人」が力を持つ時代

これからの時代を一言でいうならば「企業・組織に頼らず、個々人が稼いでいく時代」だと思っています。

 

主にインターネットの発展により、お手軽に様々な知識や人にアクセスしやすくなりました。

 

有効に利用することでその人を人生レベルで豊かにしてくれる物といっても過言ではありませんよね。

 

インターネットは、これからの時代を生きるために神が人間に与えたもうた物ではないかとすら思っています(笑)

 

自分で人生を切り開いていくこれからの時代にはますます必須となるでしょう。

 

まとめ

これまでの時代は敷かれたレールの上を歩むだけの時代と言えたのかも知れません。

 

これはこれで楽かもしれませんが、いったん社会からこぼれたら救済措置が無かったと言い換えることも出来ます。

 

これからは個人が人生を決められる時代」

 

いくらでも自分で人生をクリエイトできます。

 

もはや学歴・職歴が通用しなくなる世の中になっていくでしょう。

 

そんな世の中を豊かに生きるには「何らかの技能の習得」が必要不可欠と言えそうです。

 

企業も副業OKのところが増えています。

 

今からガンガン動く人は来たる時代の先駆者になれるのではないでしょうか。